KANAZAWANDER

節約して将来に備えよう

子供が好きなこと「戦いごっこ」が辛すぎる


スポンサーリンク

最近子供が僕と遊びたがってる。

まぁほどほどに遊べたらいいなと思うよ。

たまに遊ぶ感じでさ、普段はオモチャや兄弟で遊んでもらって、アンパンマンも見て、たまに僕も遊ぶ感じで。

休日はどこかドライブや観光しよう。

うん。子育てって素晴らしい。

 

そんな風に夢見てた時が僕にもありました。

 

育児には体力が必要だ!

おいら35歳くらいから体力落ちてすぐ眠くなるんだ。昨日も寝かしつけてたら僕も眠くて眠くて。

ブログしたかったけどパソコン閉じて寝ちゃった。

 

やっぱ体力は必要だわ〜。

ゴルフしてるマチョリータはきっと体力あるんだろな〜。年を言い訳にしたくないけど疲れて疲れて仕方ない。

 

そんな体力なしが子育てするのは大変なのです。子供は常に遊びたがる、際限なく、無限に。

筋肉?いや、持久力?違うな、必要なのは生命力。子育てには人間的な強さ、精神面の強さなど人としての強さが必要なのです。

 

パパ閉店を使ってはいけない

過去話題になってたママ閉店。

それを真似して「もうパパは閉店しました何もしません閉店ガラガラ〜」と言ったことがあるんだけど、その時の子供は泣きそうな顔しながら「なんでー?」とショック受けてる様子。

 

あ、これ言っちゃダメやんけ!

 

あかん。ダメな言葉やこれ。

「よし!わかった!遊ぶぞ、何して遊ぶ?」

その瞬間子供の顔がパーっと輝いた。

 

思ったんだけど、ママ閉店とか言って子供に何もしませーんというスタンスはダメなんじゃないか?

使っていいのは子供が寝て、夫に使う程度じゃないのか?なので悟った、ママ閉店という言葉はクソ!

 

「戦いごっこ」という修羅

f:id:outdoor-kanazawa:20181030143513p:image

誰かが言ってた。

子供が遊んでとせがむのは小さい時だけだと。

ならその時を大切にしようと僕なりに頑張って付き合ってる。

 

何したい?と聞くと毎回「戦いごっこ!」

トミカもプラレールもシンカリオンを忘れたのか毎回戦いごっこ。仕事から帰って子供と遊ぶのは戦いごっこ。

 

下着姿で、布団マットの上で、汗を垂らしながら動く40代のオジサン。

嫁くんには汗臭いと罵られ、休憩したいと言っても子供がそれを許さず。童心に帰ったつもりで僕も叫ぶ。

「ドカーン!ドカーン!バンバン!」

 

いい年こいたオッサンがこれでいいのか?

 

たまに息子の本気パンチが僕の股間を撃ち抜く。

ズキューーン!

 

僕は梅干しを食べた時のような顔になる、痛みに耐えつつ子供と遊び続ける。ここは戦場、修羅の国、もし痛みに負けて座り込んだなら、彼らは問答無用で肩に登り僕の肩こりをさらに悪化させる地獄コンボが待っている。

 

「戦いごっこ」という修羅。

このブームはいつ終わるのか。。。

 

まとめ

若い頃に結婚して子育てすべき。

僕のように年をとり、体力がなく、さらに金もない人間にとって子育ては非常にしんどい。

 

そうだなぁ、もっと穏やかに人形遊びがしたいなぁ。ガンダムのBB戦士あたりで遊びたいなぁパパは。

 

そんなわけで隊長のオススメは30代前半で出産・育児を終えておきましょう。

ちなみに戦いごっこは子供の快眠にすごく役立ってます。

 

残念なことに僕の快眠にも役立ってしまい、夜ブログ書けません。くぅー!

Copyright© KANAZAWANDER All Rights Reserved.